肌をきれいに洗浄する別府明礬温泉の湯の花入り、みんなの肌潤風呂

肌の皮脂や汚れなどを落し、きれいに洗浄して保湿効果もあるという明礬(みょうばん)温泉。その湯の花は荒れた皮膚や美肌などに効用があると言われています。高い保湿効果を持つみんなの肌潤風呂は、その別府明礬温泉の湯の花が入っているんです。

皮膚病にも効能のある明礬温泉

明礬温泉は大分県別府市にあり、別府温泉の一つとして知られています。

この明礬温泉では江戸時代から湯の花が作られ、その「湯の花の製造技術」は国の重要無形民俗文化財に指定されています。

湯の花は、今でも「湯の花小屋」と呼ばれる藁ぶき屋根の小屋で手作業で作られています。

別府明礬温泉

別府明礬温泉

通常の湯の花は硫黄の固まったものを指しますが、明礬温泉の湯の花はミネラル豊富な青粘土と温泉ガスが化合したもので、肌の汗腺や汚れをきれいに除去する洗浄力をもっているのです。

別府明礬温泉の湯の花には主にこのような効用があるとされています。

水虫・あせも・神経痛・リウマチ・痔疾・腰痛・冷え症・肩こり・ただれ・いんきん・しっしん・しもやけ・たむし・くじき・かいせん

水虫やあせもなどをはじめ、皮膚の疾患にも効能があることがわかりますね。

別府明礬温泉の湯の花の特徴は、無機塩類が皮膚のたんぱく質と結合し膜を作るので、入浴後の熱を逃がさずに体がほかほかと温まります。

そして体の皮膚の汗腺や汚れ乳化する洗浄効果があり、優しく肌を洗浄して清潔に保ちます。

天然の力で体を温め、皮膚をきれいにしてくれる湯の花なのです。

みんなの肌潤風呂にも含まれる明礬温泉湯の花

この肌を清潔にして多くのミネラルを含む明礬温泉の湯の花がみんなの肌潤風呂に含まれています。

みんなの肌潤風呂をお風呂に入れると、ふわっと柑橘系の香りがしてお湯が乳白色になるのですが、そのお湯につかると体に膜ができたかのように肌があっという間につるつるしてきます。

明礬温泉の湯の花に含まれている無機塩類が皮膚のたんぱく質と結合して膜ができている状態なのかもしれません。

この肌に膜が張っているような感覚は入浴剤でも珍しいものだと思います。

みんなの肌潤風呂

みんなの肌潤風呂

みんなの肌潤風呂にはこの明礬温泉の湯の花の他に、体を温めてお湯を柔らかくする炭酸ガスや、潤いを与えるお砂糖成分、潤いを逃がさない潤いヴェールが配合され、塩素を除去する働きもあります。

まさに乾燥肌、ゴワゴワ、ガサガサ肌の方のために作られた、刺激の少ない入浴剤です。

家庭でも別府の名湯、明礬温泉のお湯が楽しめるのは魅力的ですよね。

明礬温泉の湯の花は、江戸時代から伝わる伝統的な製法で丁寧に今でも手作業で作られています。

そのため、毎日作られる湯の花に限りがあるのだそうです。

みんなの肌潤風呂に使える湯の花の量も限られているため、みんなの肌潤風呂は一日販売される量に上限があります。

だんだんと口コミで人気になっている入浴剤ですので、気になる方はなくなってしまう前にお早目が良いと思いますよ。